レモングラスの丘

メンタル改善 思うことを書いているブログ

自分らしく生きる

f:id:lemongrass01:20210906155838j:image

 

私が学生の頃の連絡手段といえばメールが主でした。

今のようなSNSなんて言う便利なものはなかったし、情報収集もテレビと雑誌という感じの時代です。

所謂、ミレニアル世代と言うやつですね。

 

それよりさらに昔は携帯電話もなくメールだってなかった時代もありましたよね。

そっちの時代の方がはるかに長い…。

今では考えられないですよね、きっと。

 

それはそれで良い事もありますがその逆も然り。

 

本当に便利です。どこにいても何をしていても大抵は知りたい情報にすぐに触れられる。

言ってしまえば知りたくない事まで勝手に流れてくることさえある。

『そう思うなら見なければいい』

それはそうかもしれないけれど、そうもできないのが世の流れでもあるような気がします。

 

私は特に日常をSNSに投稿したりはしていないけれど、見る専門です。

 

悩みの一つに『自分をよく見せたい』とか人『と比べてしまい劣等感を感じてしまう』とかそういう事が多かったりします。

すごくわかります。

自分が何か劣っているように感じるんですよね。

 

他のみんながキラキラしているように見えてしまって何か焦ってしまったり、自分だけ取り残されてしまってるんじゃないかって思ったり。

どうしてこんな風に感じるのでしょう。

 

自分とはどんな人間なんだろう。

自分はどんな人間になりたいのだろう。

自分はどんなことに喜びを感じるのだろう。

自分は何をしたいのだろう。

 

色々あげるとキリがありませんが、

『自分とは何なのか』と考えてみる事で、自分が劣っているという思考を直していく事をおすすめしています。

 

ただしこれは自分探しではなくて自分を知ると言う作業だと考えています。

 

はじめに、自分はどんな人間になりたいのだろうって考えたときに、どう考えますか?

いつも写真の中だけでキラキラしていたいのか、それとも写真の中以外で充実した暮らしをしたいのか。

 

今考えるのは心の充実です。

 

お金の余裕は心の余裕という言葉があるようにお金はあって困らないかもしれませんが、生活していくだけのお金があれば幸せです。

 

幸せを感じるポイントは人それぞれです。

例えば、たくさん服を持っていて毎日違う服を着ていたいタイプと

気に入っている数枚の服を着て満たさせるタイプ。

これはまるで違うタイプなのでその間が現実的に多いのかもしれませんがそういう事です。

ちょっとわかりにくいでしょうか。。。

 

ある人はたくさん持っていたい、そして持っていて満たされるタイプの人は厳選して少なすぎると悲しくなって幸せを感じられなくなってしまう事もあります。

また、ある人はたくさんあると落ち着かなく頭がごちゃごちゃしてくるので厳選してスッキリとさせないと疲れる人など。

人によって様々なので自分はどんなタイプか知ることは大切です。

 

ちなみに私は量を多く持っているより使い切ったりして、そこで達成感を感じるタイプです。

服は高いものは持っていませんしどちらかというと服は消耗品に近いと考えています。

流行りを追っているわけではないのですが、やはり年数が経つと気分ではなくなってしまたり古く感じてしまって着ていて違和感を感じるようになるなぁって気づきました。

 

 自分を良く見せる自己プロデュースする事に楽しさを見出している方も多いです。

とても素敵なことです。

どうしたら自分が素敵に見えるか、見せる事ができるかを考えそれを形にしている。

どんな風に見せたいかって考えるのって楽しそう。

それはとても自分自身のためになっているし自信にも繋がります。

 

自分に自信があると人を見ていちいち一喜一憂する事も減ります。

そして楽になれます。

 

比べて何になるのか

競ったところで何になるのか

それは誰にとっての幸せなのか

 

感じ方は人それぞれです。

自分を良く見せたいのは皆同じです。

自分をよく知る事で、本当の意味の素敵な人間性を見せることができると思います。

 

苦しんだ分、辛く寂しかった分が人を魅力的にする事もあります。

 

誰だって良い時ばかりじゃありません。

良くない事もありながら生きています。

 

スマートフォンから見える楽しそうな人たちも、色々なことがありながら生きているのが現実です。

 

人と比べて自分も頑張ろうと思えることはいいこと。

でも無駄に比べて劣等感を抱いたりすることはもうやめましょう。

自分らしく生きていけるように、自分にしかない魅力を探りながら生きてくのって楽しそうじゃないですか?

自分は自分だし他人は他人なのです。