レモングラスの丘

メンタル改善 思うことを書いているブログ

やる気が起きない時は無理しない

f:id:lemongrass01:20210826171350j:image

 

何もやる気が起きない。

体や心が言うことを聞かない。

なんとなく気分が乗らない。

 

そんな時ありませんか?

 

疲れていても疲れていなくてもそんな時ってあると思います。

 

そんな時は無理しないことです。

 

最低限しなければいけないことは別ですが、今やらなくてもなんとかなるようなことは後回しにしてみることも時には大切です。

 

いつも頑張っているからこそそんな時があっても良いのです。

頑張りすぎては疲れてしまいます。

完璧じゃなくても大丈夫。

 

 

ただ、何もしなさすぎて余計に何もしたくなくなくなっている人。

中にはいると思います。

そんな人は、逆に一つだけ何かをやってみると良いのかも。

 

例えば、捨てようと迷っていたものを捨ててみるとか、後回しにしていた掃除をしてみるとか。

大掛かりなことじゃなくて、捨てるのは一枚の服でも良いし引き出し1段分の何かでも何でも良い。

掃除だって机の上を掃除してみるとかお風呂の掃除をしてみるとかそんな感じです。

いっぺんにやらない。少し何かできそうな事で良いので見つけてみる。

本当に何もできない時こそ外の空気を吸ったり陽の光を浴びてみたりすると、少しやる気が出てくるかもしれない。

ほんの少しの変化でほんの少し何かが変わるかも。

 

 

人はどうして無理をしてしまうのでしょうか。

うまくできる人はしっかりメリハリをつけたり息抜きしたりとバランスをとっていることと思います。

バランスって何事にも大切だなぁって日々思います。

なかなか難しいのが現実ですよね。

 

完璧を求めないことが疲れにくくするコツな気がします。

 

そもそも疲れやすい人とそうでもない人とでは休息までのタイミングが全然違いますよね。

体力的な疲れなのか、精神的な疲れなのか、疲れの深さでも違うと思いますし。

そしてメリハリのつけ方だって人それぞれで、完全にオフモードにしないと休まらないと言う人と、低速モードで行けるところまで行ってそのまま疲れているけど惰性で行ってしまうって人とか色々ですよね。

 

だから、人と比べずに自分だけ怠けてるとか自分だけ楽してるんじゃないかと思い悩む必要ってないんです。

焦る気持ちや頑張りたい気持ちも、とてもわかります。

万が一頑張りすぎて心身ともに壊れてしまった時、回復がますます遅くなってしまいます。

そうならないために日頃から自分の心と体を大切にして欲しいです。

 

しっかりとした睡眠や食事、好きな音楽を聴いたり読みたかった本や見たいと思っていた映画やドラマを見たり、ひたすら寝たり…。

何でも良いんですよ。

好きなことしたり、何もしたくない時は本当に何もしない。

無理に動かず、できると思うまで休んでみるって方法はオススメです。

 

やりたくない時は無理しないことがストレスを減らせる方法の一つだと思うので試したことがない方はぜひ取り入れてみてください。

わかっているけどなぜか実行に移したことがない人、以外と多いと思います。

 

ただ何もしないことを実践!!

 

 

そうは言っても、日々の家事や仕事などやらなければいけないことは尽きない世の中です。

それも全部たまには休んでも良いと思います。

赤ちゃんや小さなお子様がいる方はそうはいかないと思いますが、周囲の協力を得ながら大切な人はもちろん自分も大切にしてください。

 

話を聞いてもやうだけで心が軽くなったりもします。

何べないことですがとてもおすすめ。

と言うか、何気ないことが効果的なことってたくさんありますよ。

 

色々試して心と体のバランスを保ちながら健康に暮らしていきましょう。

 

私もいつでもお話聞きます。