レモングラスの丘

メンタル改善 思うことを書いているブログ

虫除けにおすすめアロマ

f:id:lemongrass01:20210714113648j:image

 

レジャーが増えるこの季節、特に今は屋内より外で過ごすことが多くなっているそうです。

そうですよね……。

今までやらなかったことや興味なかったこと、やってみようとは思っていたけど中々できなかったことなど、そう言ったことに挑戦してみる機会が巡ってきたのかなぁとプラスに考えています。

 

ここ数年人気なキャンプは、さらに人気が凄まじいことになっています。

自然に触れることのできるキャンプは最高ですね。人気になる理由がわかります。

密にならないし、美味しいもの綺麗な景色を味わえる。

今の時代にとてもマッチしているなぁって思います。

何よりキャンプギア集めに精を出している人も少なくないのでは。

 

外で過ごす時にに気をつけたいのが日焼けと虫ですよね。

日焼け止めを塗ることは必須です。

もちろん虫除けも必須。

虫除けスプレーも様々なものがあるので好みで使用していると思いますが、いつも使っている精油が虫除けになるかも。

 

自然派等の虫除けスプレーをお使いの方はもう知っていると思いますが、シトロネラやレモングラスは昆虫忌避効果があります。

他にもラベンダーもそうだし、スパイス系でいうとシナモンも効果があります。

 

シトロネラとレモングラスは同じイネ科の植物で、葉物ですが香りは柑橘系です。

私が感じるイメージとしては葉っぱの中にほのかに柑橘を感じるなって印象。

シトロネラの方が柔らかく感じ、レモングラスの方がシャープに感じます。

人によって感じ方は様々かもしれませんが、レモングラスは南国なイメージです。

 

効果の違いは大きくないので、好みで使うと良いですね。

レモングラスを高濃度で使うと香りが強すぎて頭が痛くなったりという事があっては困りますので、少しの量からで様子を見ながら使うと良いと思います。

どのように使うかで変わってきますが4滴からを目安にしてみてください。

 

どの虫除けに関するグッズに共通することではありますが、絶対に虫が来ないとか蚊に刺されないとか、絶対は無いと考えていますので、あくまでも予防という感覚で使うことをおすすめします。

特にわんちゃんねこちゃんなど他の家族には苦手な香りな事もありますので、気をつけながら使用することを忘れないで下さい。

 

数年前に「虫除けアロマスプレー」というオリジナルのアロマブレンドの商品を作っていたことがあるのですが、その時メインで使用していた精油がシトロネラとレモングラスです。

虫除けスプレー以外に数種類アロマスプレーを作っていましたが「虫除けアロマスプレー」がとても好評でした。

虫除けスプレーだったから人気だったのだと思いますが、とても嬉しかったです。

すごく良い香りで、男性女性年齢関係なく人気でした。

現在は製作していませんが、またいつかオリジナルブレンドの香りを作りたいなと密かに考えています。

 

好きな香りとブレンドしてみるのも楽しいですよ。

 

楽しい夏が過ごせますように。

 

 

 

夏は勝手に日光浴出来ている

f:id:lemongrass01:20210707153150j:image

すっかり夏ですね。

寒がりな私には北海道の夏がちょうど良く、夏が一番好きな季節です。

ちなみに生まれも育ちも北海道です。

現在住んでいる場所が北海道の内陸という事もあり昼間は結構気温が上がりますが、夜になるととても過ごしやすく快適です。

逆に冬はとても寒いのですが…

 

夏は1日を通して開放的な気分になりやすいので気分が良いですね。

それは、日照時間も大いに関係しています。

 

じんわりと汗をかいているくらいが心地良い。

 

特に日が長くなる6月は梅雨の時期とも重なりどんよりとした空が続きますが、日の長さで何とかカバーしてくれてるのでしょうか。。。どうですか?

北海道は所謂梅雨と言うものはありませんが、場所によっては6月の終わり頃から7月の始め頃まで雨が多い日が続く事もあります。これは通称蝦夷梅雨と言うようです。

 

北海道の冬は本当に日が短いです。

真冬の場合、15時は夕方って感じで16時過ぎたらほぼ夜です。

朝も7時位から明るくなる感じで本当に日が短くて寒い。

それを考えると今の時期は、朝3時過ぎたら空は明るくなってきますし、夜も19時過ぎてもまだ明るい。年中そうであって欲しいなぁ。

倍近く違うんですよね。

 

夏の日の長さは本当にありがたく思っています。

この明るさがあって、心が元気になれるのです。

ほんの数分でも外で日の光を浴びるとメンタルには効果的で明らかに違います。

つくづく日光浴は大切だなぁと思うのです。

 

やる気が起きない時や心が疲れてしまった時はしっかりと日焼け対策をして、外の空気を吸いながら輝く日の光を浴びて気分を上げていきましよう。

家の中にいる時もカーテンを開けておくだけでも違うのでぜひ太陽の力を感じて欲しいなって思います。

 

暑い時は熱中症に注意しなければいけないです。

しっかり体力もつけておかないといけません。

日光浴はビタミンDを生成してくれるので免疫アップにつながります。

さらにビタミンDは心のバランスを整えてくれるセロトニンの分泌量を調整してくれるので不安定な精神を安定へ導いてくれるそう。

 

もちろん冬の日差しとは質が違うので特別意識していなくても大丈夫なのかもしれません。

それでも日々疲れやすいとか眠れないとか気分が沈みがちとか、そういう時は意識的に日を浴びると気持ちが良いですよ。そんな時こそ日光浴です。

 

できたら森林浴もしたいなぁ…

 

余裕のない時こそ少し日の光を感じてみる。

手軽ですぐに試せるので晴れた日はちょっと意識して日光浴を。

身体に気をつけて暑い夏を乗り切りましょう。

 

話を聞いてもらうことでストレスを軽減できる

f:id:lemongrass01:20210624125542j:image

 

悲しいことや腹が立つことがあった時「誰か聞いてー!」そう感じたことありませんか。

 

イライラしている時、その気持ちを誰かに聞いてもらえると少し収まる。

悲しい時泣くことを我慢せず涙を流した方が楽になる。

 

ストレスを抱えたままの人がたくさんいますよね。

 

 聞いてもらうことでストレス発散になります。

更に話したことに共感してもらえるととても嬉しくなり、ただ聞いてもらうより時よりもストレスを軽減させることができます。

心の内を言葉にする事で癒しの効果があります。とても不思議ですよね。

涙も流す事で癒されるのです。

自分一人では消化しきれないことは、溜め込みすぎないで外に出していくことで精神的に安定します。悲しみや不安だったり怒りなど、マイナスな感情を聞いてもらうことによって心が浄化されます。

人に言えないことやひどすぎる内容など、口にすることがストレスになってしまう内容にまで行ってしまったなら、紙に書く事もおすすめです。

紙に書く事で誰かに聞いてもらうような効果が多少得られるので、口にすると誰かを傷つけてしまいそうな内容は紙に思いっきり書いた後切るなり破るなりして人に見られないよう処分します。

破る時も思いっきりやりましよう。粉々になった紙とともに辛い思いも一緒に処分です。

何度も湧き上がってくる負の感情を紙に書く事でストレス発散させます。

 

家族や仲のいい友達など、話せる相手がいるということはとても幸せなことです。

それが当たり前なんかじゃないことを忘れてはいけないですよね。

そんな大切な相手だから楽しいこと嬉しいこと、悲しい時や辛い時、色々と聞いてもらいたい。

楽しい話だと聞く相手も楽しいです。

怒りが収まらず聞いてもらいたい、そういったイライラや溜まりに溜まったグチなども聞いてもらう事で話さないよりは話た方が楽になれると思います。

しかし、常にネガティブな話をしていたり悲観的な内容が多いと相手も疲れてしまいます。

自覚はなくとも相手が苦痛に感じてしまっている場合もあるのでそこは気をつけたいところです。

 

話したことに共感してくれることもあるし、時にはアドバイスをしてくれる事もあるでしょう。相手にも意見や考えがあります。

突拍子もない話だとそれって…てなってしまいますよね。

ただ聞いてもらいたいと共感を得ることはまた違う話になってきます。

常に悪口や攻撃的な口調だったりと、嫌な気分にさせてばかりだと困り果ててしまいます。

聞いてくれる人の気持ちになってみることも重要です。

そのことで関係性を改めるタイミングになってしまっては困ります。

良い関係を築いていくにはある程度、自分の状況も含め相手の立場になることです。

辛い時はお互いに支え合う関係が望ましいですね。

 

話し相手がいない、でも話を聞いてもらいたいという時はカウンセリングという手もあります。

カウンセラーはしっかりと話を聞いてくれます。

カウンセラーの方針によってはアドバイスしてもらえるとこももあるかもしれませんが、基本は聞き役に徹してくれるので費用はかかりますが友達に話すより気を使わずにも話せるかもしれません。

 

話すことによってストレスを軽減できることが第一目的だったとしても、自分の気持ちや思いを言葉にすることによって新しく気づくこともあると思います。

その気づくことがどんなことであれ、一歩前進には間違い無いのです。

いつも思うのですが、言葉はとても重要で人を傷つける事もあるし励ましたり勇気や元気を与える事もできるすごいものです。

友達や家族に話を聞いてもらう時気をつけたいのが、相手を間接的に傷つけてしまわないように気をつけることが必要だと思います。

結局悪口になってしまったりすることもあるからです。

 

今回は話す事でストレス発散になると言うことを書いてみましたが、他にも沢山のストレス解消法があると思います。

人それぞれ合う合わないはあると思いますがどれが自身に一番合っているか、そして手軽に発散ができるか、色々探してみるのも楽しいかもしれません。

良い時もあれば良くない時もあります。

今すごく辛い時だったとしても、いつか良い時が訪れます。

 

夏の夜に使いたいアロマブレンド

f:id:lemongrass01:20210603095243j:image

 

今年ももうすぐ夏が始まります。

 

太陽が輝く夏。

汗ばむ夏。

滝汗の夏。

開放的で心踊る夏。

日焼けが似合う夏。

アクティブな夏。

髪がペタンコになる夏。

なんだかちょっぴり切ない夏。

 

そんな夏に向けて夏に似合う香りを考えてみました。

いくつか考えているのですが、今回は夏の夜に使いたい香り。

 

 

*夏の夜に似合う香り*

オレンジスイート:5滴

ラベンダー:3滴

ローズウッド:2滴

イランイラン:1滴

 

コットン又は水を少し入れたお皿があればすぐできます。

 

オレンジスイートは果実の甘い香りが心地よいです。

リラックスもできるしリフレッシュもできる万人ウケする香り。

そこにイランイランを一滴加えることで甘さにエキゾチック感が足され、少しだけ南国っぽくそして夏っぽい。

イランイランをプラスことによって香りが長持ちします。所謂ベースノートです。

ローズウッドはフローラルなウッド調で柔らかさを出します。

おなじみのラベンダーも加えてスッキリとまとめています。

 

好みにより配合を変えてみるのも楽しいですね。

 

もっと手軽に香りを楽しみたい時はオレンジスイートとラベンダーがあれば、それだけで夏の夜を素敵に過ごせそう。

 

 

コミュニケーションを上手くとるコツ

f:id:lemongrass01:20210528164459j:image

 

人々の悩みの大半は、人間関係によるものだということは昔から言われています。 

確かに多い悩みとは、

友人関係の悩みだったり、恋愛関係の悩み、職場での対人関係、家庭内では親子間や夫婦間、兄弟姉妹間などなど、人と人との関係する悩みは尽きないものです。

 

 

 状況と感情を考える

対人関係において重視されるのは正しいコニュニケーションです。

正しいコミュニケーションというのはお互いに不快にならない態度での関係だと考えています。

人それぞれ感じ方の違いがあるように、人によって態度を考えていくことがコミュニケーションをスムーズにするコツだと感じます。

強く言っても大丈夫な人とすごく傷つきやすいタイプの人、この別なタイプの二人に同じ態度をとったとして上手くいくかどうか考えた時、やはり人によってある程度は態度を変える必要があると思うのです。

何も全てを相手に合わせる必要があるとかそんな極端な話ではなくて相手の感情の状況に合わせることがコミュニケーションを上手くとる最大のコツと言えます。

例えばこちらが楽しく話しているのに全然楽しくないと言ってくる相手がいる場合、ちぐはぐなやりとりで上手くお互いのまたは一方の状況を無視していることで交流が上手くいってないと言えます。

わかりやすくいえば相手の現在の状況に合わせること、これが最も早く上手くいく方法なのかもしれません。

でも相手にばかり合わせているのって、なんかちょっと違いますよね。

相手はこちらに全然合わせてくれないとしたら…それではどうして良いのかわかりませんよね。

相手を変えることはできませんので、まずは自分を変えてみることです。

そしてその後必要であれば、関係性を見直すことも必要かもしれません。

 

人は良いストロークが欲しい

極端ですが例えばです。

ストロークとは言動の反応みたいなイメージです)

今現在幸せな気持ちの人と、今現在とても辛く悲しい思いをしてる人、今時点では感情が真逆です。

その状態をどちらかが相手に合わせる、もしくはお互いに譲り合い中間の場所をとる。

そうすることによってお互いにストレスが少ないコニュニケーションになるということです。

感情の状況が上手く噛み合わないと楽しく過ごすことが難しいのです。

ストロークにはプラスのストロークとマイナスのストロークがあります。

プラスのストロークは、励ましたり褒めたり、微笑んだりという肯定的な要素がある反応で受けると嬉しいものです。そしてもうひとつのマイナスのストロークとは、睨んだり悪口を言ったりけなす、と言った嫌な感じの反応で傷ついたり嫌な気分になってしまう反応です。

 

人の多くの場合、プラスのストロークが欲しいものです。

そのほうが気持ちよく嬉しく感じるからです。

 

ただし相手が無反応を決めてきた場合、マイナスなストロークでもいいのでとにかく何か反応して欲しいと切に願ってしまう場合もあります。

 

この場合、特に多いのは音信不通であったりあからさまな無視だったりです。

 

人それぞれ感じ方が違う

悲しい時に幸せな人と一緒にいると幸せを感じられると思う人、余計に悲しくなってしまう人、イライラしてしまう人。

幸せな気分の人が悲しい思いをしている人と一緒にいる時、共感してくれて一緒に悲しんでくれる人、何か力になれないかと考える人、そんなことで悲しむなんてと思う人。

それぞれ感じること思うことが違うから関わっていくことが難しくややこしいものになっていきます。

ある程度それは仕方のないものと割り切ってしまうことも必要です。

 

人と状況によって態度を変える

人によって態度を変えるって聞こえは悪いですが対人関係では大切なスキルでもあります。

この聞こえの悪い原因は、媚をうるとかあの人には優しいのに別の人にはぶっきらぼうとか、そういうことで相手の心を考えているのではなく自分本位の態度の人をの言動を指します。

逆に相手の態度に合わせてコミュニケーションを取れる人は人の心を理解しようとし、同じ時間を上手く共有しようとしている人の違いです。

態度を変えるとは同じことなのに全然違いますよね。

どちらかが相手に合わせることで上手くいくという考えです。

 

いつも態度が一定すぎも注意です。

嬉しい時は嬉しい、悲しい時は悲し、怒っているときはイライラしている。

誰にでもある感情は表現することは大切です。

喜びみも悲しみも笑いもしない一定すぎる感情は違和感を感じます。

 

自分の感情を出さずに相手にひたすら合わせても疲れるだけです。

上手くコミュニケーションを取ろうと思ったら、まずは相手の気持ちを考えて接すること。

本当に極シンプルなことなんです。

自分を良く見せたいとか、ついつい見栄を張ったりって言う雰囲気になってたとしたらそれは自分本位のコミュニケーションになっていますので、気づいたら修正していくといいと思います。

 

相手が嫌な態度をしてくる時もたくさんあります。

そして世の中には色々な人がいます。

そして相性というものも少なからずあると思います。

 

まとめ

コミュニケーションを上手くとるコツを書いてみました。

上手く人と関わっていくために必要なことは、どんな関係性であっても基本は同じです。

場の空気に合わせたり、お互いの状況や感情によって態度を変化させることです。

人は皆、別々の感情を持っているので時にぶつかることがあっても何も不思議なことではありません。

悩みすぎず、互いの心を思いながら関係性を築いていくことが長く関わっていけるコツなのかなって思います。

 

 

雨の日にオススメなアロマブレンド

f:id:lemongrass01:20210525105146j:image

 

ジメジメ蒸し蒸しモヤモヤな時期がやってきました。

 

梅雨から夏にかけてのこの時期に似合う、爽やかなグレープフルーツやティーツリーなどを合わせた爽やかな香りを考えてみました。

スッキリ爽やかで深呼吸したくなるような香りです。

天気だけじゃないく心も重々しく気だるい時は、アロマの力で気分転換しましょう。

 

雨の日ブレンド

グレープフルーツ 4滴

ティーツリー 2滴

サイプレス 3滴

ジュニパー 2滴

 

 

グレープフルーツの甘酸っぱくフレッシュな香りとティーツリーのシャープな香り、そして森の中にいるようなサイプレスでまろやささを出しつつジュニパーで少しだけスモーキーな雰囲気もプラス。

好みで精油の量を調節したりウッディすぎると感じたらジュニパーかサイプレスを除いてみたりと色々試してみて下さい。

芳香浴がオススメです。部屋の中こもった感じもスッキリすると思います。

ティーツリーは抗菌抗ウイルス作用があるので部屋干しの嫌な臭いにもぴったりです。

 

快適な日常の参考になったら嬉しいです。

 

 

 

思考のクセとは

f:id:lemongrass01:20210520145722j:image

 

自分を自分で苦しめる考え方していませんか?

自分自身を苦しめている考え方や思い込みを手放すと心が楽になります。

 

『思考のクセ』とは無意識のうちに考えたり、発している言葉です。

事実ではなことや根拠のないことを考えがちだったり、とにかく悲観的に物事を捉えてしまう…

それらのほとんどは主観に過ぎません。そんな風にして自身を苦しめる必要はないのです。

 

例えば、

「こんな私のことなんて誰も好きになってくれるわけがない」

「結婚、出産をしないと幸せになれない」

「上手く話を合わせないと、仲間外れにされる」

「なんか嫌われている気がする」

など色々。悲観的な思い込みです。

 

ひとつずつ見てみます。

 

 

こんな私…

自分なんて誰にも好かれないとか、自分には何もない、自分には無理、自分は恵まれてなくどうせ不幸とか。

少なくとも私はそれら全部、違うと思います。

全て自分一人の考えです。自分で勝手に思い込んで決めつけているのではないでしょうか。

 

もしもこれが自分のことではなく、他の誰かが考えていることだった場合どう感じますか。

「そんなことはないのに何言ってるんだろう」っ思う方が多いのかな思います。

時には「確かにそういうところあるかもしれないけれど良いところだってあるのになぁ」と、思うかもしれません。

考え過ぎだとか、逆にあなたはすごいよ、恵まれているよ、と感じるかもしれない。

確かに本人にしかわからない悩み辛みはある。どんな人でもあるんです。

日々悩み苦しみ涙しながら生きています。

悩まない人なんていない。ただ悩んだ末にどうするかです。

うじうじ続けるのかしっかり切り替えていくのか、その違いだと考えています。

それを「どうせ自分は…」と思うのか、「次はいい出会いがあるように努力してみよう」と考えるのか、「私はこういうのは苦手だけど得意なこっちでカバーできるかな」とか、色々考え方はあると思うんです。

こうだ、こうするべき、と決めつけないと少し楽になるかもしれません。

 

 

結婚して子供がいてマイホームが…

このテンプレートでなければ幸せでないと誰が決めたのでしょうか。

結婚などに対して様々な考え方があると思います。

結婚なんてしたくない人も多くいますし、絶対にしたいって思ってる人、いい人がいてその時にしたいなと思ったらすると考えている人。

色々な考え方があって良いと思う。その時によって考えが変わるかもしれないし。

しなければ幸せになれないなんて決まりはないです。

結婚は絶対しないと幸せになれない、って偏った考えだと思いませんか。

確かに結婚して幸せだなって思ってる人もいるでしょう。

中には結婚後苦労することになる可能性もゼロではないこと。

幸せのゴールは結婚ではないですよね。そこからも人生は続いていくのです。

結婚をしたからと幸せになれるとは限らないのです。

そして幸せかどうかは周りが決めるのでは無く自分の心が決めるものです。

人にあーだこーだ言われて確かに心がざわざわする時もあると思います。

その時は思い出して。本当の幸せは何か。

結婚や出産をしたいと考えている場合は相手がいなくてはできませんので、簡単ではないかもしれませんが、出会いを求めたり焦らず理想に向けて日々前向きに生活していく。

思いつめている人より前向きに生きている人の方が輝いて見えると思います。

変に焦っても良い結果にならないなんて本末転倒です。

他の誰かが思ってる理想像では無く自分にとっての幸せを今一度考えて見ることが大事です。

 

 

上手く話を合わせないと…

話を合わせる、これはコミュいケーションを取っていく上で特にビジネスシーンではある程度必要な部分でもあるのかもしれませんが、自分の意見を押し込めるとは違います。

良い人でいたい、仲良くしたい、嫌われたくない、そう思う気持ちが強いほどこの傾向にあるように思います。

しかし、常に人に嫌われまいとしてそうするのは疲れませんか。

実際仲良くなってもずっとそれを続けいくというなら良いかもしれませんが、そうでなければ果たしてそれが本当の意味での仲良しと言えるのでしょうか。

全部丸出しで生きている人はそういません。ある程度はわきまえたり気遣いの中で行動しています。

その度を過ぎないようにもう少しリラックスしてコミュニケーションをとることができるように考え方を少しずつ変えていくと良いのかなって思います。

裏をかきすぎると、下手に出ていることが相手にも伝わります。

 

あの人に嫌われている…

何か嫌われる原因があったなら別ですそうでなければやはり考え過ぎだと思うのです。

気づかぬうちに失礼なことをしていた、そういう可能性もあり得ますが気のせいで意識のし過ぎなようにも思うのです。

何かしでかしていると思った場合、分析してみるのも良いと思います。

ただ体調が優れなかっただけとか、気分が優れなかったとか、お腹が空いてイライラしていただけとか。

色々な可能性があるので嫌われていると決めつけないで下さい。

 

 

と言ってもクセとは自分では気付きにくいことです。

長年やってきたことを今この瞬間から変えるなんていうのは無謀な話。

考え方のクセは無意識にやっていることなので尚更です。

だけどそのクセに気づいて変えようとしていることが進歩であることに違いはありません。

気づいたところからスタートです。気づかないでいるより断然いい。

変化させようという意思が素晴らしいのです。

大きく変えなくても、できる範囲で小さなところから変化させていくのも良いですね。

 

時には人に話を聞いてもらうというのも大事です。

なかなか自分ではわからない、友達には話しにくい、話す相手がいない、というときは心理カウンセリングもオススメです。