レモングラスの丘

メンタル改善 思うことを書いているブログ

北海道の田舎暮らしとは

f:id:lemongrass01:20211006131251j:image

 

もう何年も前からよく耳にする『田舎暮らし』。

 

田舎暮らしを始めて大満足な人もいれば、後悔している人も中にはいますよね。

 

私は知っています。

東京都から北海道道北へ移住して2年後に東京に戻ってしまった家族を。。。

 

その方が言っていたのは雪がすごいと言うことでした。

吹雪くと通行止になる区間に住んでいたようで大変不便な思いをしたそうです。

そして住み慣れた東京へ帰ることを決め、冬が来る前に帰っていきました。

 

 

そもそもなんでわざわざ田舎で暮らすの?と思う人もいますよね。

私も前までは、田舎なんて…そんな風に思っていた時期もありました。 

わた時の場合田舎に住んでいたので都会への憧れみたいなものかな。

だけど今は断然適度な田舎が良いと感じていて、むしろ人が多いところは苦手です。。

 

田舎暮らし、都会暮らし、これはもはや好みや考え方の違いです。

どちらが良いとか良くないとかそう言うことではなくて、合うか合わないはと言う話。

 

互いにメリットとデメリットがあるのは考えるまでもありません。

 

私は北海道の海沿いの田舎生まれの田舎育ちで田舎者です。

ちなみに、漁業が主で農業は盛んではない場所。

ど田舎とまではいかないけれど、田舎のイメージには寄っている人口3万人程の市です。

一応は市なのでとてつもなく田舎ではないかもしれない、まあまあな田舎具合って感じかな。

 

道内転勤族となり何度か移動し、現在は旭川市に住んでいます。

今は旭川中心部に住んでいるのですが、中心部を少し離れると農家があるので田舎らしさが見えてくるのでそう言った意味ではとても便利で良いところです。

 

大都会での暮らしの経験もなければ道外での暮らしの経験も無い田舎者。

そんな私が北海道の田舎暮らしはどんなものか、ちょっと考えてみました。

 

 

 

田舎とは 

『田舎』それは都会ではない場所。

らしいです。それは私でも知っている。

 

田舎とは、自分の環境や感覚で変わって来ますよね。

だって東京都の本当に真ん中にずっと住んでいる人からしたら、日本中ほぼ田舎と感じるのではないのかなーと想像します。

 地方都市でさえ田舎と感じるんだろうなと思います。

地方都市から少し離れたまぁまぁ栄えた街に住んでる人は、その近くの地方都市自体を都会と感じると思う。

だからやっぱり一口に田舎というのが怖いものがあるなと、思うのです。

結局田舎とは自分の感覚で決まるのですね。

 

田舎レベル

田舎にはレベルがあります。

 

どの位の田舎レベルを選ぶかで田舎暮らしは全く違うものになると思うので、ここもなかなか大事な所なんじゃないでしょうか。思い描く理想の田舎暮らしに最も近いレベルってどこか知ることは大事ですよね。

 

 

そんな田舎育ちの私はやはり田舎に暮らす事が良いと思うようになった経緯ですが、ただただごちゃごちゃしていないと言う体感です。

それこそ家と家の間隔とか、高層な建物がないとか人が少ないとかです。

 

 

一口に田舎といってもどの程度なのかもかなり重要なんじゃないかと思います。

レベル5段階にするとこんな感じかな。

 

超ど田舎

ど田舎

田舎

まあまあ田舎

便利な田舎

 

このどのレベルを選ぶかによって、田舎暮らしを始めてされるかたの今後が左右されるのではないかと思います。

東京生まれの東京中心部育ちであまりマメではないけど都会に疲れて田舎暮らしに憧れている方がいるとします。

そんな時、自給自足レベルの田舎での暮らしを選ぶのか、または田舎と言っても不便になっては困ると言うことで地方都市を選ぶのか。

 

仕事

どんな仕事をしているかフリーランスなのかそれとも新たに仕事を探すのか。

そこを考えて札幌市の場合で考えてみると、特別選ばなければ前職に近そうな仕事につける可能性はあると思います。

旭川市になると少し狭まると思います。

函館市だとどうでしょう。

当たり前ではありますが、人口が少なくなるにつれ選べる職種は限られてくると思います。

札幌市近郊で通勤範囲の市町村だと選択肢も広がりそう。

 

雪も毎年間違いなく降り積りますからスタッドレスは必須。

道東の方は寒さはありますが雪が少なめです。

旭川周辺、富良野、美瑛など有名な場所は冬はマイナス20以下になります。降雪量も多いです。

雪かきはマンションなどでなければしなくていいけないですね。

車を持っていると車の周辺などもしないといけません。

それが意外と大変だったりします。

 

ただ、寒いところは雪が綺麗なんですよ。。。

 

札幌の中心部を離れるところに家があるとするなら車があった方が良い気がします。

それ以外の場所はないと不便な気がしますね。

札幌市内は地下鉄バスJRがありますが、他の土地はバスとJR。

田舎になればなるほど、本数も減っていくしバス停や駅までの距離があります。

 

人気な場所

やはり今人気なのは上川地方で東神楽町、東川町辺りでしょうか。

上富良野周辺は変わらず人気ですね。

 

東川町は田舎暮らしの理想系なのではないかと思います。

とてもいいところですし私も住んでみたいと思います。

旭川市も近いので、車があれば不便しないと思います。

 

宗谷地方だと最北端の稚内市に近い豊富町もなかなか人気だったりします。

移住サポートなどありスタッフの方もとても優しい。

豊富町は酪農が盛んで豊富牛乳豊富町です。

北海道のコンビニのセイコーマートの牛乳は豊富牛乳です。

自然豊かでこちらも良いところです。

 

 

他にも良い所がたくさんあるので今後この記事を追記していこうと思っています。

これからも転勤が短期間であるのでその土地の良さなども肌身で感じることができるのが楽しみです。

 

最後に

雪のある暮らしを経験したことのない北海道への移住をお考えの方、自然豊かで田舎であればあるほど冬の事、雪の事を考えてみてください。

雪はなかなか大変で大雪や吹雪で道路が封鎖になってしまう場所などありますから、その辺も考えてみて場所を選ぶのも良いかなぁって思います。

それさえも楽しんでしまえる方も多くいるかもしれませんね。

冬が厳しい分、春がとても嬉しく感じます。

 

北海道も良い所です。

北海道の田舎はみんなオープンな方ばかりできっと周りとはすぐ馴染めるはずです。

ちょうど良い田舎を見つけて住んでみて色々と体験してほしいなと思っています。

 

不安な時におすすめの香り

f:id:lemongrass01:20210922121629j:image

 

朝夕には秋を感じられるようになってきました。

秋の夜、外から聞こえる虫たちの声が心地よくて癒されます。

 

北海道は完全に秋で朝は特に寒く、ストーブを使っている家も少なくないです。

我が家も何度か朝にメインのストーブをつけました。。。

 

夏の終わりから秋にかけてそして冬へ、正に今の時期は少し寂しく心が不安定になりやすい時期でもあります。

どんどんと日が短くなっていくことも関係していると思いますが夏の間の疲れもありそうですよね。

 

気分が落ちてくると不安も起きやすくなってきます。

不安症の症状も強く出てしまいがちになったり。

 

 

 

そんな時におすすめの香りを紹介します。

 

 

落ち込んでいる時

落ち込んでしまいがち、又は疲れてくるとそうなりやすい人におすすめなのがベルガモットです。

優しいベルガモットの香りは心の深い部分から穏やかに整えてくれるイメージです。

情緒不安定になっている時も心を穏やかにさせてくれます。

 

夜の入浴の際、湯船に数滴落として香りを楽しむのもおすすめです。

きっと心が軽くなるはず。

不安が強い時

不安が続く時やそう予想される時はラベンダーがおすすめ。

ラベンダーの香りは万能で心身のバランスを整えてくれる香りです。

不安症の方にもおすすめで、外出の際の緊張感や強い不安がある時に使用すると良いです。

外出先で芳香と言う雰囲気にはできないと思いますのでダイレクトに香りを作用させる方法が良いかなと思います。

家を出る前にハンカチやティッシュなどにラベンダーの精油を5、6滴染み込ませるだけです。

そして不安や恐怖を感じそうになったりパニックを起こしかけている時にそのラベンダーの香りを染み込ませたハンカチなどを鼻に当てて出来るだけゆっくりと呼吸してみてください。

深呼吸を意識しすぎるあまり、息を吸う事ばかりに集中せずしっかり吸った後ははくを気をつけて。

ラベンダーにベルガモットの香りを混ぜるのもおすすめ。

その時の割合はラベンダーが多くなるようにすると良いかも。

 

心が安定しない時

気持ちを安定させてくれるのはゼラニウムの香りです。

好きな方も多いのではないのでしょうか。

ストレスを感じている時などにもおすすめの香りです。

心のバランスを崩している時にぜひ。

フローラルな印象でグリーンな感じもするゼラニウム気持ちを整えましよう。

 

疲労が溜まっている時

疲れてしまっている時は自然に触れたりするのが一番手っ取り早いのでしょうが、そうもいかないので気軽に取り入れられる森林浴な香りのヒノキ。

ヒノキの香りはそのままで、ヒノキです。

フレッシュな森を連想できるこの香りは心や固まってしまった体を緩めてくれる、そんな香りだと感じます。

木の香りはリラックスできる香りでもありながらリフレッシュもできます。

なんだか浄化された気分になれるヒノキの香りは、濃度高めに使わずうっすら香るくらいに香りを楽しむのがおすすめ。

浴槽に1滴垂らすだけでヒノキ風呂気分です。

 

最後に

何種類か紹介してみましたが

『実際、香りなんかで何も状況なんて変わるわけない』

そう感じる人もいるかもしれません。

確かにそう単純な状況の方も少なくないかもしれません。

 

だけど、今日常の生活を送っている中で必要なことはたくさんあるのかもしれませんが、癒しや気分転換もその一つだと感じています。

そんな余裕ないと思われる方もいると思いますが取り入れてこそ感じる何かもあると思います。

自分のためであり大切な人のためでもあります。

香りはダイレクトに心に届きます。

心と記憶と香りは連動しています。

 

もしも余裕ができた時、香りの力を感じてみてほしいなと思っています。

自分らしく生きる

f:id:lemongrass01:20210906155838j:image

 

私が学生の頃の連絡手段といえばメールが主でした。

今のようなSNSなんて言う便利なものはなかったし、情報収集もテレビと雑誌という感じの時代です。

所謂、ミレニアル世代と言うやつですね。

 

それよりさらに昔は携帯電話もなくメールだってなかった時代もありましたよね。

そっちの時代の方がはるかに長い…。

今では考えられないですよね、きっと。

 

それはそれで良い事もありますがその逆も然り。

 

本当に便利です。どこにいても何をしていても大抵は知りたい情報にすぐに触れられる。

言ってしまえば知りたくない事まで勝手に流れてくることさえある。

『そう思うなら見なければいい』

それはそうかもしれないけれど、そうもできないのが世の流れでもあるような気がします。

 

私は特に日常をSNSに投稿したりはしていないけれど、見る専門です。

 

悩みの一つに『自分をよく見せたい』とか人『と比べてしまい劣等感を感じてしまう』とかそういう事が多かったりします。

すごくわかります。

自分が何か劣っているように感じるんですよね。

 

他のみんながキラキラしているように見えてしまって何か焦ってしまったり、自分だけ取り残されてしまってるんじゃないかって思ったり。

どうしてこんな風に感じるのでしょう。

 

自分とはどんな人間なんだろう。

自分はどんな人間になりたいのだろう。

自分はどんなことに喜びを感じるのだろう。

自分は何をしたいのだろう。

 

色々あげるとキリがありませんが、

『自分とは何なのか』と考えてみる事で、自分が劣っているという思考を直していく事をおすすめしています。

 

ただしこれは自分探しではなくて自分を知ると言う作業だと考えています。

 

はじめに、自分はどんな人間になりたいのだろうって考えたときに、どう考えますか?

いつも写真の中だけでキラキラしていたいのか、それとも写真の中以外で充実した暮らしをしたいのか。

 

今考えるのは心の充実です。

 

お金の余裕は心の余裕という言葉があるようにお金はあって困らないかもしれませんが、生活していくだけのお金があれば幸せです。

 

幸せを感じるポイントは人それぞれです。

例えば、たくさん服を持っていて毎日違う服を着ていたいタイプと

気に入っている数枚の服を着て満たさせるタイプ。

これはまるで違うタイプなのでその間が現実的に多いのかもしれませんがそういう事です。

ちょっとわかりにくいでしょうか。。。

 

ある人はたくさん持っていたい、そして持っていて満たされるタイプの人は厳選して少なすぎると悲しくなって幸せを感じられなくなってしまう事もあります。

また、ある人はたくさんあると落ち着かなく頭がごちゃごちゃしてくるので厳選してスッキリとさせないと疲れる人など。

人によって様々なので自分はどんなタイプか知ることは大切です。

 

ちなみに私は量を多く持っているより使い切ったりして、そこで達成感を感じるタイプです。

服は高いものは持っていませんしどちらかというと服は消耗品に近いと考えています。

流行りを追っているわけではないのですが、やはり年数が経つと気分ではなくなってしまたり古く感じてしまって着ていて違和感を感じるようになるなぁって気づきました。

 

 自分を良く見せる自己プロデュースする事に楽しさを見出している方も多いです。

とても素敵なことです。

どうしたら自分が素敵に見えるか、見せる事ができるかを考えそれを形にしている。

どんな風に見せたいかって考えるのって楽しそう。

それはとても自分自身のためになっているし自信にも繋がります。

 

自分に自信があると人を見ていちいち一喜一憂する事も減ります。

そして楽になれます。

 

比べて何になるのか

競ったところで何になるのか

それは誰にとっての幸せなのか

 

感じ方は人それぞれです。

自分を良く見せたいのは皆同じです。

自分をよく知る事で、本当の意味の素敵な人間性を見せることができると思います。

 

苦しんだ分、辛く寂しかった分が人を魅力的にする事もあります。

 

誰だって良い時ばかりじゃありません。

良くない事もありながら生きています。

 

スマートフォンから見える楽しそうな人たちも、色々なことがありながら生きているのが現実です。

 

人と比べて自分も頑張ろうと思えることはいいこと。

でも無駄に比べて劣等感を抱いたりすることはもうやめましょう。

自分らしく生きていけるように、自分にしかない魅力を探りながら生きてくのって楽しそうじゃないですか?

自分は自分だし他人は他人なのです。

 

 

やる気が起きない時は無理しない

f:id:lemongrass01:20210826171350j:image

 

何もやる気が起きない。

体や心が言うことを聞かない。

なんとなく気分が乗らない。

 

そんな時ありませんか?

 

疲れていても疲れていなくてもそんな時ってあると思います。

 

そんな時は無理しないことです。

 

最低限しなければいけないことは別ですが、今やらなくてもなんとかなるようなことは後回しにしてみることも時には大切です。

 

いつも頑張っているからこそそんな時があっても良いのです。

頑張りすぎては疲れてしまいます。

完璧じゃなくても大丈夫。

 

 

ただ、何もしなさすぎて余計に何もしたくなくなくなっている人。

中にはいると思います。

そんな人は、逆に一つだけ何かをやってみると良いのかも。

 

例えば、捨てようと迷っていたものを捨ててみるとか、後回しにしていた掃除をしてみるとか。

大掛かりなことじゃなくて、捨てるのは一枚の服でも良いし引き出し1段分の何かでも何でも良い。

掃除だって机の上を掃除してみるとかお風呂の掃除をしてみるとかそんな感じです。

いっぺんにやらない。少し何かできそうな事で良いので見つけてみる。

本当に何もできない時こそ外の空気を吸ったり陽の光を浴びてみたりすると、少しやる気が出てくるかもしれない。

ほんの少しの変化でほんの少し何かが変わるかも。

 

 

人はどうして無理をしてしまうのでしょうか。

うまくできる人はしっかりメリハリをつけたり息抜きしたりとバランスをとっていることと思います。

バランスって何事にも大切だなぁって日々思います。

なかなか難しいのが現実ですよね。

 

完璧を求めないことが疲れにくくするコツな気がします。

 

そもそも疲れやすい人とそうでもない人とでは休息までのタイミングが全然違いますよね。

体力的な疲れなのか、精神的な疲れなのか、疲れの深さでも違うと思いますし。

そしてメリハリのつけ方だって人それぞれで、完全にオフモードにしないと休まらないと言う人と、低速モードで行けるところまで行ってそのまま疲れているけど惰性で行ってしまうって人とか色々ですよね。

 

だから、人と比べずに自分だけ怠けてるとか自分だけ楽してるんじゃないかと思い悩む必要ってないんです。

焦る気持ちや頑張りたい気持ちも、とてもわかります。

万が一頑張りすぎて心身ともに壊れてしまった時、回復がますます遅くなってしまいます。

そうならないために日頃から自分の心と体を大切にして欲しいです。

 

しっかりとした睡眠や食事、好きな音楽を聴いたり読みたかった本や見たいと思っていた映画やドラマを見たり、ひたすら寝たり…。

何でも良いんですよ。

好きなことしたり、何もしたくない時は本当に何もしない。

無理に動かず、できると思うまで休んでみるって方法はオススメです。

 

やりたくない時は無理しないことがストレスを減らせる方法の一つだと思うので試したことがない方はぜひ取り入れてみてください。

わかっているけどなぜか実行に移したことがない人、以外と多いと思います。

 

ただ何もしないことを実践!!

 

 

そうは言っても、日々の家事や仕事などやらなければいけないことは尽きない世の中です。

それも全部たまには休んでも良いと思います。

赤ちゃんや小さなお子様がいる方はそうはいかないと思いますが、周囲の協力を得ながら大切な人はもちろん自分も大切にしてください。

 

話を聞いてもやうだけで心が軽くなったりもします。

何べないことですがとてもおすすめ。

と言うか、何気ないことが効果的なことってたくさんありますよ。

 

色々試して心と体のバランスを保ちながら健康に暮らしていきましょう。

 

私もいつでもお話聞きます。

自分を見失いそうになっている方

f:id:lemongrass01:20210819174722j:image

 

最近は便利な時代で、大概の欲しい情報はすぐに見つける事ができます。

昔の人は、現在のこんな世の中を想像したりしたのでしょうか。

 

今後ますます発展していき、今の時代に生きる人たちの想像を超える世の中になっているんだろうなぁって考えると、すごいようで怖い、という複雑な気持ちになったりならなかったり。

 

昔は昔、今は今でそれぞれに良い面がたくさんあります。

 

便利な時代が当たり前になり、スマートフォンを見れば世界のニュースはもちろん、身近な人々の楽しそうな写真や動画で溢れています。

悲しいニュースも多い中、楽しいニュースも見かけます。

動物の可愛らしい姿をいつでもどこでも見られることは、私にとってとても嬉しいことです。

 

 

自分を見失いそうになっている方、多くないでしょうか。

『自分とは』

そんな哲学的な事には興味ないって方もいるかもしれませんが、今伝えたい事はそういう類の事ではありません。

 

本当にそれは自分が楽しくてやっている事なのか。

自分にとってそれは本当に必要な事なのか。

自分の好きはどこにあるのか。

 

そういう事です。

 

SNSに翻弄させられている、そんな意識はないでしょうか。

 

どうして他人がよく見えちゃうんだろう。

隣の芝生は青いというのは本当でした。

 

人と張り合ってしまう。

あの人よりも良いものを、そして新しいものを持ちたい。

あの人よりももっといいホテルに泊まって写真が映えて幸せ。

 

確かにその気持ちが向上心としての気持ちであればいい事で、SNSに上げるためだけに、という意識がないのなら問題ないですよね。

一生懸命稼いだお金、やっとためた大切なお金で欲しいものを手に入れる事は素敵です。

そしてちょっと人に見てもらいたくなる。わかります。だって頑張ったんだから。

お気に入りのものはちょっと自慢したくなっちゃいます。

 

 

じゃなくて目的がすり替わっている事に気がついていなく、なんだかモヤモヤしたりいっときの高揚感を得るため、といった風になってしまっていたら悲しいですよね。

 

あなたは本当にそんなにたくさんブランドものを買う必要があるのでしょうか。

本当に好きで気に入っているならいいですが、みんなが持っているからとか持っていないと恥ずかしいとか、そんな気持ちで高額な買い物は良くないような気がします。

 

人はそれぞれ好みがあって、車にお金をかけたい人、パソコン周辺のギアが好きな人、今人気のキャンプギアにこだわっている人、ファッションや美容を楽しんでいる人。

それぞれ、無理のない範囲で楽しんでいる分には問題ないのです。

きっとそれが生き甲斐でもあり楽しみで仕事ややるべきことを頑張れるから。

 

悲しいのは、そうじゃないのに人に羨ましがられたいがためにお金を使うことです。

早く言うと、自分のためじゃなく人と競争のために必要以上にお金をかけてしまって、後から虚しい気持ちになってしまっている人がいることです。

 

どんなに比べても、自分は自分。そして他人は他人なんです。

自分はあの人にはなれないし、あの人も他の誰かにはなれない。

憧れの人を目指すのはとっても素敵な事です。

憧れの人を手本にあれこれ工夫して、自分らしくアレンジしていく。

素敵です〜

 

自分の好きを超えて、これにお金をかけたらひとときの優越感を得られる。

そんなの悲しいです。

本当に自分が好きなこと、好きなものにお金を使って自分を高めて欲しいです。

 

人には恥ずかしくて言えないコレクションがあってそこにお金をつぎ込んでるにしても、それであなたが幸せを感じて周りに大きく迷惑をかけないことならいいと思うし、そんなに好きなものを見つけられた事がすごいと私は思います。

 

人に評価されようと躍起になるのは時として大事なのかもしれません。

正直、見た目で判断されるときだって悲しいけれどあります。

でも必要以上に着飾る事、好きでもないことにお金をかけつづけると言うのはそれとは違います。

 

別にブランドバッグを持っていなくたって素敵な人はたくさんいます。

有名なデザイナーの服を毎シーズン買わなくたってセンスのいい人はいいのです。

 

ネットの写真みてキラキラしている人たちに対して劣等感を抱く必要は微塵もないはずです。

それを見て自分も頑張ろう。こうなりたいな。

そう思うのは間違っていないと思います。

 

自分の良さを探す、周りの誰かを見て羨んでいるより、自分自身の良さを引き出す研究に時間を費やした方が広い意味で幸せになれると思います。

 

幸せを感じるポイントは人それぞれです。

人と比較することによってパワーが出てくると言う人もいるでしょう。

そう言う方はしっかり自分というものをわかっていて、それをエネルギーに変えているのかもしれません。

 

何が好きか、自分の好きやこだわり、自分の見せ方がわからないという方は、人と比較せず参考にするに止め、自分には何が合うのかなって考えるようにすると余計な出費や無駄に精神をすり減らす事が少なくなると思います。

 

自分を知る事って大切ですよね。

自分を知る事で自信も出てくるし、精神的な余裕も生まれてくる。

それがなかなか難しいんですけどね。。。

 

でも、自分を知る事って楽しいですよ。

近い将来、どんな風になっていたいですか?

自分を見失いそうになったとき自分の心に聞いてみてください。

わからないといって焦る必要なんてないんですよ。

周りを見て自信に溢れている人はどんなふに過ごしているのかなぁって見てみたり。

そこでも自分と比べるのは厳禁ですよ!

自分の良さは自分にしかなくて誰にも真似できないんです。

 

秋に使いたいアロマブレンド

f:id:lemongrass01:20210817164803j:image

 

夏の終わりはなんだか少し寂しい寂しい気持ちになります。

祭りや花火大会が終わった後、みたいなそんな感じ。

 

近頃はそう言ったイベントもないので余計に寂しいですね。。。

 

晩夏から秋に使いたい香りは、すっきりしつつも柔らかい印象のアロマブレンド

日が短くなってくるし、さらに家で過ごす時間も当たり前になってきた今日この頃。

この香りで疲れてしまった心と身体を癒してください。

 

秋にオススメブレンド

 

ベルガモット:4

 

シダーウッド:3

 

ラベンダー:3

 

 

シダーウッドは、甘さの中にスパイシーな雰囲気がある精油で心落ち着く香りです。

ベルガモットは温かみがあり気分が明るくなる香り。

そこに定番のラベンダーをプラスしてバランスをとります。

 

ラベンダーもベルガモットも万能な香りです。

どんな香りともほぼマッチします。

 

 

なんか疲れてるなぁ、なんか辛いなぁ、って心が言っている時があります。

そんな時は素直に休んだ方が良い。

忙しくて休む暇がない人も多いと思いますが、どんな時も心の切り替えは大切です。

 

ほんの少しで良いです。

1分でも良いので自分の中の声を聞いてみる。

疲れてるのに疲れていないことにしたり、辛いのに辛くない事にしてしまったり。

 

意味ないって思うかもしれません。時間の無駄だって。

 

 

それでも自分のために本当に小さな何かでもいいのでやってみて欲しいです。

好きな事や癒される事に少しでも良いので触れる時間を作る事がこそが、幸せな時間を過ごすところに繋がります。

 

自分が全て正しいとは限らない

f:id:lemongrass01:20210730171852j:image

 

なんであの人こんな事言うんだろう。

なんかあの人変わってる。

いつも気を使っているのに全然感謝してくれない。

 

対人関係で日々色々と不満やストレスに感じている人が多くいます。

というか悩みの大部分が対人関係によるものです。

 

よくありがちなのは、自分ならこうするのにという思考です。

自分ならこうするのになんであの人はこうなんだろう…。

 

自分とあの人は別の人間であって、考え方も感じ方も違って当たり前です。

確かに常識の範囲というものがあってそこから明らかに逸脱しているとなると話は別ですが、そうでなければそれぞれの考えや思考というものがあるのでそこをとやかく言う必要はないように私は感じます。

 

人間なので「おや?」と思う事もあるでしょう。

そんな風に感じる事日は常茶飯事かもしれません。

だからと言ってそこで常に「私だったらこうするのに」とか「私だったらもっとうまくできるのに」とかそう言ったことは無意味です。

仕事で効率の悪い人に、こうしたらもっと良いよというアドバイスは良いと思います。

だけど、家族のことや友人関係のこと恋人同士のことは相談された時は自身の考えを話してみても良いと思いますが、あえて目くじらをたてる必要はないと思います。

そんなことを毎回敏感に感じているとなると疲れちゃいます。

 

こういう風に考える人もいるんだな、とかそれは違うように思うな、とか色々感じることがあっておかしくないです。

ただ、自分の考えが全て正しいというのは違います。

 

様々な考え方の基準があるので、そこを全て自分に当てはめないほうが対人関係は確実にうまくいくと考えています。

感じたこと思ったことに嘘をつくとは違います。

どちらかというと、私だったら…と感じているときって批判的になったり対抗心が隠れていたりと少し複雑で高圧的要素が感じられる事が増えがちだと思います。

またはなんとなく自分を優位に感じ、そう言う意識になっている場合など。

 純粋に「こうした方が良いよ」と言う、助言の場合ももちろん多くあると思います。

 

押し付けは良くないのです。

自分の考え方を他人の気持ちを無視して貫き通そうとすることは避けたいです。

この状況に陥っているときは多分自分自身で気が付いていないという事がほとんどです。

 

自分と違う意見を持っているから変わってる人、変な人と決めつけるの良くないですよね。

自分から見ると気づかないけれど、客観的に見ると偏ってることに気づくはずです。

 

そう言う考え方になってしまっていたかなぁ、今までそうだったかもしれないなぁ、とちょっとでも思った人は自分が全て正しいと言う偏った考え方になっていないかも。

自分が正しいって心のどこかで思っていても、どこかに相手を思う気持ちや相手の考え方を尊重する気持ちがあるはずです。

 

みんな人間です。間違えることもたくさんあります。

違うなって思ったら変えていく。

 

本当は自分も正しいし相手も正しいのです。

 

色々な考え方があって、その考え方は相手や環境によって様々に変化します。

生まれ育った環境が違うのであればなおさらです。

円満な対人関係を築くのに大切なのは、自分の意見を押し付けないとこです。

 

 

自分基準になってしまう事が悪いと言うわけじゃない。

自分を持つことはとても大切で素敵なことです。

それは相手も同じこと。

たくさんの考えの中で、共感しあえる人と出会えたら奇跡です。

相手の気持ちに寄り添う事ができたら、自分じゃない相手基準の考え方が見えてきたら、それは素晴らしいことですね。